草津1泊旅行。少ない持ち物で。

7月末、早めの夏休みをとって、主人と草津に1泊旅行に行きました。

妊娠7ヶ月の私。

主人と2人の最後の思い出作りにと、計画しました。

(妊婦さんの旅行は勧められていません。旅行に行く際は、必ず主治医に相談してくださいね。)

いつも1泊でも、キャリーケースにパンパンの荷物になっていた私。

今回は、人生初の!!最小限の荷物に挑戦しました。

こちらは、手持ちバッグ。

小さめのボディバッグに入れた物は、

  • 扇子
  • 飴・ガムが入ったキティちゃんのきんちゃく
  • ポケットにも入る小さなお財布(雑誌の付録。大好きなクレイサスです)
    中身は、お札と、クレジットカード、suica、免許証
    小銭はかさ張るから入れません。クレカ、suicaでできるだけ支払います
  • エコバッグ
  • ティッシュ
  • i pad
    ほとんど使いませんでした。要らなかったかも。
  • 携帯充電器
  • グロス
  • ガーゼのハンカチタオルと、綿のハンカチ
  • ポーチ2つ

ポーチ1の中身。
こちらは旅行関係なく、毎日持ち歩くポーチです。

  • キティちゃんのコーム
  • ファンデ代わりのベビーパウダー(ピンクのケース)
    翌日の化粧もこれで。
  • コットンにチークを含ませたもの(無印のファスナーケースに)
    こちらも、翌日の化粧用。
  • ワセリンにティーツリーオイルを混ぜたもの(無印のクリームケースに)
    スキンケアとしてや、かゆみ止め、ヘアワックス、リップクリーム、なんでも使えます。
  • アイライナー
  • 目薬
  • 裁縫セット(無印のファスナーケースに)
  • 絆創膏、綿棒、爪やすり(無印の絆創膏入れに)
  • 常備薬(無印のファスナーケースに)

ポーチ2の中身。

  • 家の鍵
  • ウェットティッシュ
  • 日焼け止め
  • 母子手帳(中に、健康保険証と診察券)
  • マスク2枚
  • ゴミ袋3枚

手持ちの荷物は以上ですが、実際は綿のハンカチ、お財布、i phoneはスカートのポケットに入れて移動しました。

旅行では、乗り換えがあったり、ちょこちょこと買い食いしたりとお財布の出番が多いので、ポケットに入れておくととても便利でした。

デジカメは今回は持って行かず、写真は全てi phoneで撮りました。
夫婦の思い出作りなら、i phoneの画素数で十分でした。

綿のハンカチは、汗を拭いたり、飲み物の水滴を拭いたり、垂れたソフトクリームを拭いたりと(笑)、何かと便利でした。

こちらは、キャリーバッグの中に入れた荷物。

  • 着替え(ピンクの巾着に)
    翌日着るTシャツ1枚、下着1セット、靴下1足、綿のハンカチの替え1枚
    スカートの下にレギンスを履いて行きましたが、レギンスは宿で手洗いして翌日も着ます。
    綿のハンカチは翌日替えますが、ガーゼのハンカチはすぐ乾くので、同じく宿で手洗い。
    体を洗うタオルとして使って、そのまま洗って干しました。
  • i pad用のキーボード
    移動時間などにブログを書こうと思って持って行きましたが、これは使いませんでした。
    持っていかなくても良かったかも。
  • 充電コード、プラグ
  • ポーチ3

ポーチ3の中身はこちら。

  • アイシャドウ
  • ファンデのパフ(使い捨ててきます)
  • ビューラー、アイブロウ、アイライン、マスカラ
  • ライター(ビューラーのあたため用)
  • コンシーラー(スティッチ柄のアルミホイルに、必要量だけ)
  • 顔用日焼け止め (スティッチ柄のアルミホイルに、必要量だけ)
  • ファブリーズ
  • コンタクトの替え
  • 洗顔フォーム(スティッチ柄のアルミホイルに、必要量だけ)
  • クレンジング(試供品)
  • 乳液(使い切り)
  • ヘアゴム(入浴用)

コンシーラーと日焼け止めをアルミホイルに包んだのは、大正解でした!
チューブを持ち歩くとかさ張るので。
足りないのは困るのでちょっと多めに包んで行って、余ったのは自宅で使います。

スキンケアは、ほとんどしないので、気休め程度に余っていた乳液を。
なくても良かった。

シャンプーや石けんは、宿についてるだろうと思い、持って行きませんでした。

それから、最後にバッグに詰めたもの。
当日朝まで使うので、最後に別に撮りました。

  • iphone、i padの充電セット
  • アイマスク
  • 耳栓

アイマスクと耳栓を、普段から愛用しています。

【持って行けば良かったもの】

  • 歯ブラシ
    歯ブラシは、宿に備え付けのもので良いと思っていたのですが、移動中に朝食・昼食を食べたので、食後に磨けないのが苦痛でした。
  • 眼鏡
    コンタクトではなく、眼鏡にすれば良かったです。
    単純に、コンタクトに慣れてなくて痛かったので。

【持っていかなくても良かったもの】

  • i pad
  • i pad用キーボード
  • キーボード用充電器
    i padを使う時間がありませんでした。
    その他付属品も、不要でした。
  • 洗顔フォーム
    宿に石けんがありましたので、それで十分でした。

いつもパンパンだった旅行の荷物が、こんなに少なくなるとは思いませんでした。
これで不便はありませんでした。
足りないどころか、持って行かなくても良い物もあったくらい。
ブログを書こうと思っていた車内では、ゲーム、景色、旦那とおしゃべりを楽しみました。
宿では、ちょっと具合が悪くなってしまったのでゴロゴロしていました。

少ない荷物のおかげで、身軽に旅行ができました。

旅行荷物だけなら、小さなバッグ1つで行けちゃいます。
が、今回は、荷物持ち係の主人が「コロコロできるほうがいい」との事で、キャリーバッグに詰めて行きました。

いつも2人の荷物でパンパンのキャリーが・・・スカスカでした(笑)

でもまぁ、帰りはお土産を買って入れたのでキャリーで良かったです。

会社へのお土産におまんじゅうを買ったのと、自分へのお土産はこちら。

ガーゼの手ぬぐい3枚。

ミニマリストの方々が愛用しているとのことで、使ってみたかったので買いました。
赤ちゃんが産まれたら、たくさん使うだろうと思ったので、とりあえずお試しで3枚。

身軽な荷物だと、フットワークが軽くなるし、なによりも旅行から帰った時の片付けが楽チンでした。

少ないものでも、旅行ができる。

またひとつ、シンプルライフに近づいたかな^^

余談ですが、妊娠中の旅行はリスクが伴います。
安定期とはいえ、私は3時間の電車移動がしんどかったです。
眠れないし、腰は痛いし。
ちゃんと指定席で、リクライニングもついていたのですが。。。

草津についてからは、炎天下の下30分動いただけでバテてしまいました。
宿のチェックイン開始が早めだったので助かりましたが、宿についてからは足の付け根の激痛に何度も襲われ、頭痛と体のほてりとだるさで、夕食の時間までずっと寝ていました。

夜の涼しい時間になって、やっと少し動けましたが。

安定期で経過が順調でも、体力は落ちているし、妊婦は想像以上に疲れやすいです。
私は何事もなく帰って来れましたが、途中途中で具合が悪くなり、非常に疲れました。
安易に計画してしまい、ちょっと甘かったなと思います。

でも、とても良い思い出になりました。

思い出作りも大切ですが、旅行を計画する際は必ず主治医に相談してくださいね!!

ムー。


☆★☆ランキングに参加しています☆★☆
応援よろしくお願いします。励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 子育てブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする