今日の人気記事

人とのご縁が切れるときは、次のステージへ上がるとき。
波動が違えば、ご縁も自然と切れるよ。友達も、親でさえも。
保育園の準備。カラーボックスで園グッズ収納を作りました。
実家の断捨離(1)〜自分の部屋編〜 100kg以上のモノを捨てた!3泊4日の記録
フルタイムワーママのバッグの中身

安物好きの母。反面教師になります。

以前の私もそうなのですが、私の母は、生粋の「安物好き」。
食べるものも着るものも、とにかく安いものが大好きです。

今日はそんな母の、安物好きエピソードを紹介します。

結婚するまで、私は牛肉が嫌いでした。
固いし、筋っぽくて好きじゃない。

でも、結婚して主人と暮らすようになってから、牛肉が好きになりました。

主人と食べる牛肉は、柔らかいんです!!

何が違うのかって?

値段です。

私の育った家では、母は安い肉しか買わない・食べないので、牛肉がいつも固かったのです。
焼肉を食べに行くといえば、某激安バイキングの一択です。

一方、主人はグルメ一家育ち。
美味しいものには、お金をかけて楽しむご家族です。

そんな主人と暮らすようになってからは、私も「食べるものにはお金をかけても良い」という価値観に変わって行きました。

先日、私たちがお肉を調達して、実家で焼肉をしました。

もちろん、母は普段買わないであろう値段のお肉です。
(でも、半額で買えたので、結果的には安いのですが)

母は、とても感動していました。
「牛肉って、固いものだと思っていた」と。

私と同じ感想でした(笑)

母もお肉を用意してくれていたのですが、食べ比べて「やっぱり固い…」とつぶやいていました(笑)

そんな安物好きの母。

先日私の不用品を売りに一緒にリサイクルショップへ行った時、「ケーキ皿がないから買う」と言って、2枚98円のお皿を3セット買おうとしていたので(2人暮らしなのに3セットで6枚!)、全力で止めました(笑)

「そのお皿、1000円でも欲しいの?買う?」と聞いたら、「買うもん」と言っていました。
たぶん、嘘でしょう…。

実家には、食器がとてもたくさんあります。
また、父の職業柄(というよりも、父の人柄のおかげでしょう^^)、頂き物をすることが多いのですが、多くはブランド食器などの高級品です。

それを大切に使えば良いものを、母は安いものをみつけては食器棚へと詰め込んでいます。

ケーキ皿に使えるお皿もたくさんあるのですが、2枚98円の激安品の、なにが気に入ったのでしょうか。

きっと、値段が気に入ったんでしょうね。

「一晩考えて、それでも欲しかったら買いなよ」と、止めました。
きっと、一晩経ったら忘れています(笑)

我が家のケーキ皿。
普段の食事の取り皿と兼用です。
100円ショップで買いましたが、とても気に入っていて、もうかれこれ5年以上愛用しています。

取り皿は4枚しかないので、足りない時は、プラスチックの白いお皿を使っています。

プラスチック製 スクエアー プレート 8枚入り

使い捨て商品ですが、収納に場所を取らず、軽くて便利なので、5〜6枚所持して、繰り返し使用しています。

私も昔は、安いものが大好きで、ものを「欲しいから買う」のではなく、「安いから買う」タイプでした。

でも、安いからと欲しくないものを買っても、大事にしないし、満たされないんですよね。

要らないものは、安くても高い。

お気に入りのものをえらんで、大切に使っていきたいと思います。

ムーでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました