毒親育ちでHSP。「自分らしさ」を思い出し、「生きづらさ」を「ラクちん」に。

大好きなおうちでシンプルに暮らす

スポンサーリンク

掃除・整理

シンプルライフを始めてからの夫の変化。物の住所が決まっていれば、誰でも片付けられる。

投稿日:2016年8月26日 更新日:

シンプルライフを始めて、物が少なくなると、片付けをする手間が減りました。

もちろん、片付けるものそのものが少なくなったのですが、夫が進んで片付けをしてくれるようになったんです。

 

玄関の靴を、週末に玄関にしまってくれるようになりました。
それまでは、脱いだ靴はずっと玄関に出しっ放し。
週末が来る度に私がしまうか、「しまって」と言ってようやくしまってくれる状態でした。
でもここ1ヶ月ほど、何も言わなくても金曜日の帰宅後には靴を下駄箱に入れておいてくれます。
むしろ、私の靴がポツンと出しっ放しの時が多いです(笑)

玄関は毎週末に磨いているので、靴をしまっておいてくれるととっても助かるんです。
夫よ、ありがとう!!

テーブルを拭いてくれるようになりました。
テーブルに出ているものも少ないので、毎日テーブルを拭いておいてくれます。
多少のお互いの私物は出しっ放しですが、寝る前には大方片付いているので、夫が寝る前と出勤前にテーブルを拭いてくれます。

ふきんなどは用意も大変なので使わずに、ティッシュと食卓用アルコールでささっと拭いてくれます。

これも、本当に助かります!!
夫よ、ありがとう!!

おもちゃを片付けてくれていた
娘のおもちゃは、おむつなどを入れた箱に入れてあるんですが、ある日私が娘を寝かしつけてリビングに戻ると、出しっぱなしだったおもちゃを箱に片付けておいてくれました!

たまに拾い忘れもありますが(笑)、戻す習慣と、戻す場所が決まっていればやってくれるんだなぁ〜と、嬉しくなりました。

「明日、お客さんがくるよ」というと、私物を片付けておいてくれる
普段、テーブルの一角と、夫の横のイスには夫の私物が置いてあります。
以前は、お客さんが来る時は、私が「これはここ、これはあっちにしまっておくね」と片付けていたのですが、最近は「明日、お客さんくるよ〜」と言うと、自分で場所を決めて片付けておいてくれるようになりました。

本当にラクだし、助かります。

夫は大きな子供だと言うけれど、全てお世話してあげるのではなく、片付けやすい環境を作っておくとちゃんと片付けておいてくれる
大人ですからね。

一度着た服は洗濯する。
翌日も着るのならば、ハンガーにかけるか、洋服の一時ボックスに入れる。

白いカゴが、一時ボックスです。

これも、場所を決めたおかげで、以前は多かった脱ぎ散らかしもなくなりました。

だれでも片付けやすい環境を作る為にも、少ないモノで、ものの住所を決めてあることはとっても大事です。

ムーでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-掃除・整理

Copyright© 大好きなおうちでシンプルに暮らす , 2019 All Rights Reserved.