私が尊敬する人と、大切にしている価値観。

私が尊敬する人。

ほとんどお会いする機会はないのですが、友人の奥様です。

すごく自然に、高度な気遣いができる方。
賢く、美しく、可愛らしく、ユーモアもあり、
お料理も上手で、とても素敵な方です。

素敵な40代…。
憧れます。

でも、なかなかお会いできる機会はありません。
ご主人とはよく飲みますが、奥様とお会いする機会はありません。

「気を遣って疲れるから」あまり私たちの飲み会にはいらっしゃらないそうです。

そう。
気遣いって、疲れる。

自然に気を使うのって、実はすごく技術のいることだと思います。

だからこそ、出来る方はとても憧れるし、尊敬します。
さりげない気遣いを見ると、真似したいなぁ〜と思います。

気遣いって、人を感動させますよね。
今日も、改札でベビーカーを押した私を気遣って助けてくれた方がいて、とても感動しました。
追いかけて行って、お礼を言いたかった!!

その気遣いの中でも難しいのが、親しい関係の人たちへの気遣い。

交流が深く、長くなるほど、馴れ合って相手の扱いがおざなりになる。
それを良しとする人もいるでしょう。
それが仲の良い証拠と捉える人もいるでしょう。
それはそれで、それが本人の価値観なので良いです。

でも、私が大事にしている価値観は、

親しき仲にも礼儀あり。

いえ、親しき中にこそ、礼儀が必要だと思っています。

親しいからと、相手に甘えてマナーや礼儀を怠るのは、相手に失礼な行為です。

フランクであることと、無礼であることはイコールではない。

気を遣いすぎてギチギチにかたい仲というのは、居心地も悪いし極端ですが、
親しさと柔らかさのある中でも、相手に尊敬と愛情のこもった礼儀を示せる。

これって、私の理想の人間関係なんです。

親しいから良いじゃん、許してちょ!って感じで無礼を働いてくる人は、申し訳ないけれど疎遠にして来ました。
価値観が合わないので、自然と距離を置くようになりました。

その方達と付き合うのは、私にとってすごくストレスになるから。
自分が完璧ではないし、相手にも完璧は求めてはいない。
でも、相手が「ムーだから許してくれるだろう」と甘えてマナー違反なことをしてくると、悲しくなる。

親しき仲にも礼儀あり。
私が大事にしていて、好きな価値観です。

まだまだ人生短く、勉強を始めたばかりなので失敗もあるけれど、その都度学びます。
私が相手に無礼を働いてしまい、離れていった人も、実はたくさんいるんですよ〜。
「こうすると、嫌われるんだ。」「これは失礼な行為なんだ。」という勉強になりました。
申し訳なかったけど、勉強させてくれてありがとうございました。
感謝しています。

素敵な40代を迎えるために、今の30代から、そういった尊敬する方々を真似していこう。と思います。
なんとなく、今年2017年は、「気遣い」を学ぶ年になる気がする。

その尊敬する女性にはなかなか会えないんですけどね。
「その女性だったら、こういう時にどうするだろう」と想像して行動します。

私が40代になった時、彼女と同じように気遣いが身につけられているように。
ムーでした。

☆★☆ランキングに参加しています☆★☆
応援よろしくお願いします。励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする