夫のご両親に学ぶ、心豊かな生活

7月の3連休で、鹿児島の夫の実家へ帰省してきました。
久しぶりに会うご両親。

相変わらず、一緒に居て疲れない方達だな〜と思いました。

1歳7カ月になった娘を連れて伺うと、お義父さんは庭で植木にお水をあげていました。
そして通されたお部屋は、エアコンが壊れて暑い部屋(笑)
私の実家だったら、エアコンガンガンに効かせて、ついた途端にお茶やらお菓子やらが出てきて、やれ食え、飲めと急かされます。

おもてなしのつもりなのでしょうが、余裕がなくて、押し付け気味で、少し窮屈 なんですよね。

夫の実家では、特別もてなされるわけでもなく、「普段のままの姿で」出迎えてくれるのが、なんだか嬉しくて。

人と比べず、自分達の心地いいように過ごしている義両親たち、本当に心から尊敬します。

むやみにモノを買わず、今あるモノを大切なしている様子も、なんだか暖かい。

豊かな生活って、こういうことかな〜と思います。

敏感で人見知りな娘のあるがままを受け入れてくれるのも、本当に嬉しいのです。


義実家に慣れてきた娘^ ^

ひいおばあちゃんと、「カンパーイ」



まあ、両極端な実家同士ですが、どちらが正解という訳ではない。
私が心地いい具合に、両者の良い部分を取り入れられたら素敵だなと思います。

過ぎたるは、及ばざるが如し

適度に、適当に^ ^


人と比べず、自分の価値観を大事にして、心豊かに生活していきたいです。


ムーでした。


☆★☆ランキングに参加しています☆★☆
応援よろしくお願いします。励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 子育てブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. とも より:

    素敵なブログですね。
    私も潜在意識の勉強してから、色んなことが変わり始めたり、
    断捨離したりしています。
    びっくりしたのが、お母さんとのこと。
    私とそっくりで鳥肌でした。
    両親が仕事が忙しく祖父母に育てられた母は、
    姪っ子が保育園に通っていることを
    かわいそうな目でみています。姪っ子は、
    お父さんも子育てに積極的で、
    専業主婦でほぼお母さんにだけ育てられてる子にくらべても
    愛情に恵まれた子にしかみえないのに母の目にはそう映るようです。
    私も母と物理的に距離を置いてますが、
    時々、判断するときに
    自分の判断なのか、母の価値観のなのかわからないときがあります。
    でも、結婚してすごく自由を感じています。お互い子育て楽しみましょうね。
    これからもブログ楽しみにしています。

    • moomoo2015 より:

      ともさん。
      1年以上も前にコメントをくださっていたのですね。ありがとうございます。
      失礼ながら、最近までコメントがついていることに気づかず、本当に申し訳ございませんでした。

      お母さまはきっと、ご自身を姪っ子さんに投影して見ているのですね。
      私の母も、本当にそういう感じです。

      自分の判断か、母の価値観なのかわからないときがあるんですね。
      大丈夫です。
      どちらだったとしても、間違いなんてないですから^^
      もしお母さまからもらった価値観だったとしても、それはそれとして受け入れられたら楽ですね。
      「ああ、ここはお母さんに似ちゃったんだな~」って。
      それが不快なら、気づいたときに変えればいいと思います。

      もう1年も前のコメントですから、もう見ていらっしゃらないかもしれませんが・・・
      これからは、コメント管理も責任を持ってやっていきますので、ぜひまた来ていただけたらと思います^^