弱さを認めると、強くなる。※加筆修正しました。

早速ですが、
あなたは、強い人間ですか?
それとも、弱い人間ですか?

答えてみてくださいね。
私はというと、



私はね、弱いから、強い人間です。

はて?なにを言っているのか??
ムーさん頭おかしくなっちゃったの??

早速ご解説。

目次
1.私も弱い人間だった。
2.精神的に強くなる方法
3.弱さを隠すと、人間関係がややこしくなる

4.無敵で最強な自分になるには
おわりに

1.私も弱い人間だった。

「精神的にタフになりたい」
「なにがあっても大丈夫な人間になりたい」

昔ね、そう思っていました。
本当~に精神的に弱い人間でした。

じゃあ今は、と言われると、
「なにがあっても大丈夫だな~。」って、思ってる。
ちょっとしたことで傷つかない。へこたれない。
精神的に、タフになりました!!!!
でもそれは、無神経になったとか、図太くなったとか、そういう意味ではありません。
ちゃんと、相手へのリスペクトをもって、誠実に接することを心掛けていますよ。

2.どうしたら、精神的に強くなれるのか?

それは、弱さを認めること。

人間は、基本的に弱いです。
その弱さはひとそれぞれですが、
「人の発言にいちいち傷ついてしまう」とか、
「できない」と言うのが怖いとか、
「失敗した」の知られるのが怖いとか、
「人から嫌われるのが怖い」とか、
「私だけ誘われてない」のを知るとすごいショックとか。

そういう「弱さ」って、誰にでもあるんです。
「劣等感」とも言えるかも。

弱さって、隠せば隠すほど、苦しくなります。
自分をよく見せようとするから、見えないようにひた隠し。
自分は、その弱さを認めていないから。
受け入れられないから、隠したい。

でもね、その弱さ、バレてるから!!!!(笑)
あなたはうまく隠せてるつもりかもしれないけど、周りにはバレてるよ~(笑)

びっくりした?

周りにはバレてるのに、本人は隠そう、隠そうと必死になってるから、人間関係がややこしくなる。


「無駄な抵抗はよせ!!」
(それ、バナナやで~)

弱さを隠す方法は様々で、
「自分に自信がないから、虚勢を張って周囲に承認を得ようとする」タイプ
「モノ(ブランドや流行りもの)で自信を持とうとする」タイプ
「人気者であるフリをして、交友関係を広げようとする」タイプ
もっと、あるかもしれません。

弱さを自分で認めてあげて、さらけ出すと、本当にらくちんになります。
そして、その「認めてあげる」ことこそが、精神的に強くなる秘訣です。

私も、精神的に未熟で、かつ弱く、生保代理店でけっちょんちょんにやられていたとき。
すっごくつらかったのに、当時同棲していた今の夫には言えなくて。
当時の社長に「やっぱり弱さをみせないようにしてるのね」って言われました。

今ならその意味が、すごくわかる。
忘れられない言葉です。

3.自分の弱さを隠していると、人間関係がややこしくなる

「周囲(他人)から承認を得ようとする」タイプ。
「自分に自信がないから、あなたが褒めて!私を認めて!!」っていうタイプ。
いちいちマウンティングしてくるヤツ。
(あ、言葉が悪くなってきた!)
人って、そんなにいちいち他人を承認していないから!!
めんどくさい人に認定されます。

「モノで自信を持とうとする」タイプ。
他人の持ちものが気になり、人を「持っているもの」で評価してるでしょ。
その人の本質を見ていない、浅はかな行為です。
持ち物で判断されるのって、度が過ぎるととっても不愉快です。
嫌われる原因になりかねないよ。

「人気者であるフリをして、交友関係を広げようとする」タイプ。
「人とすぐに仲良くなれる、人がいつも周りにたくさんいる私は人気者!すごいでしょ!」って思っているでしょ。
関わる人が増えれば増えるほど、人間関係はトラブルが多くなるんだよ。
あと、そういうタイプに限って、「親しみやすさ」と「慣れ慣れしさ」を、はき違えてる。
人って、仲良くなるのに段階があって、相手との距離を測りながら仲良くなっていくものなのよ。

.無敵で最強な自分になるには

自分で自分の弱さを認めること。
できるなら、その弱さを人にさらけ出してみる。
周囲にはもうバレてるから(笑)、もう隠さなくていいんだよ。

できないなら、「できないからやって」って言えばいいじゃない。
それを得意な人が、代わりにやってくれるよ。

傷ついたなら、「その言葉は傷つきます」って言えばいいじゃない。
相手も「この人にはこれは言っちゃいけないんだ」と学ぶ機会になるよ。

失敗したなら、「失敗しちゃったよ~テヘペロ」すればいいじゃない。
不安なら、「今こういうことで不安なんだ~」って、口に出せばいいじゃない。
「そうなんだね~」って、相手はそれほど気にしてないから!(笑)

誰も、そんなことであなたに失望したりしない。
勝手に自分に失望しているのは、あなた自身だけ。

職場の人間関係が辛すぎるなら、逃げればいいじゃない。
逃げるのってね、すっごく勇気がいる。
だまって耐えてるほうが、はるかに楽。

逃げたあなたは、自分を精一杯まもる方法をやりぬいたということ。
周囲に迎合して耐えてるより、ずっとかっこいいよ。

おわりに

弱さがあるのは普通です。
私もたくさんありますよ。

そこから幸せになるのか、不幸になるのかは、自分次第。

どうせなら、最強で無敵の自分になりましょう。

ムーでした。


☆★☆ランキングに参加しています☆★☆
応援よろしくお願いします。励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 子育てブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする