今日の人気記事

人とのご縁が切れるときは、次のステージへ上がるとき。
詰め替えは、しない。ズボラ家事を極める!
母と距離を置くことにしたきっかけは、娘の保育園。
ラグやマットは、いらない。
手放すと入ってくる、の法則

異動の季節。異動する側と、受入れる側の心得。

もうすぐ年度末ですね。

多くの会社で異動辞令が出る時期とあり、そわそわしているムードがあるでしょう。
今月末には、内示が出る会社もありますね。

あなたは異動の辞令が出た立場ですか?
それとも、異動者を受け入れる立場ですか?

今回は、どちらの方にも読んでほしい記事です。

スポンサーリンク

異動してきた社員は、「即戦力」ではない。
使えなくて当たり前。

入社から数年たち、今までの部署でそれなりの実績と経験を得てきた。

そんな中で異動が決まった方、「今までの経験を活かして、新たな部署で役立ちたい」と考えるでしょう。

そして異動者を受け入れる部署の方、「異動してきた方には、即戦力として期待している」でしょう。

実際は、異動者というは、即戦力にはなりません。

 

 

10年超の中堅社員は、「即戦力」として働かされ、消えていった。

私の今の職場での話です。

入社10年超の「ベテラン中堅社員」が、異動でやってきました。

即戦力として期待されていたのでしょう。
配属数ヶ月で、リーダー登用が決定していました。

でも、実際は、その方は、今までの部署ではほぼ保険の査定業務しかしていませんでした。

異動先では、電話やお客さんとのやりとりが多く、事務作業もとても複雑な部署です。

そして、周りも「ベテランだから」と指導やメンタルケアをおこたり、
その方は業務についていけず、配属後2か月ほどで長期休暇に入りました。

まもなく配属1年経ちますが、いまだに復帰していません。

いきなりリーダー登用なんて、無茶な要求だったと感じました。

部署が違えば、やっていることは全く違う。

私は派遣で数社行っていますが、はっきり言って、
同じ事務職でも、業界によってやっていることは全然違います。

そして、同じ業界・同じ会社でも、部署によって、やっていることは全然違います。

異動してきた人の経験は、最初から活きるものではないのです。

 

「中堅を育てるのは面倒」というのは、怠惰である

「ベテランだから」という理由で、指導やメンタルケアを怠らないでください。
ベテランだって、普通は異動先に来て緊張しているし、プレッシャーだってあります。

「中堅だから、新人と同じ様に手をかけるのは面倒」というのは、本当にもったいないです。

そんなのは、人材の無駄遣いです。

せっかく来てくれた貴重な人材です。
新人だと思って、手をかけて育ててあげてください。

最初に手間をかけて育ててあげれば、
異動者は貴重な資産となる

異動してきた方の経験値が生きるのは、異動してきてすぐではありません。

充分に異動先の業務を理解し、慣れたあとに、様々な場面で生かされるのです。

最初に手間をかけて、安心させて業務を教えてあげると、とても役立つ人材となります。
そしてそれは、会社にとって貴重な資産となるのです。

話はずれますが、こどもの育て方も一緒です。

面倒な幼児期に、手間を省いて育てると、修正が難しい思春期以降に問題がでます。
反対に、幼児期に手間をかけて育ててあげると、正常な反抗期や思春期を経て、うまいこと自立していきます。

 

異動者側の心得

異動してきたばかりのあなたへ。

「今までの経験を活かそう」と、焦ってはいけません。

あなたがまずすることは、異動先の業務を十分に理解し、慣れること。
そして、一番大事なのが、その部署で信頼を得ることです。

よく知りもしないあなたの事を、最初から歓迎ムードでちやほやしてくれる人は少ないでしょう。

最初は、雑用から頼まれることと思います。
いきなり他の社員と同じことはできませんから。

まずは、誰にでもできる雑用からこなし、信頼を得るのです。
謙虚に、かつ積極的に、そして前向きに受け入れてください。

初心に還り、雑用ばかりだと腐らずに、雑用から一生懸命取り組んでください。

その雑用をこなしまくった結果、信頼を得て、徐々に責任のある業務を任されるのです。

あなたの今までの経験が生かされるのは、その後です。
その時まで、謙虚に、しかし積極的に、コツコツと信頼を積み重ねましょう。

おわりに:派遣で数社を渡り歩いてみて

以前の派遣先はITでした。
プロジェクトによって、IT数社からSEさんが集まって、また解散して出て行ってと、
入れ替わりが多かったので、異動する側も受け入れ側も、異動者慣れしていました。

そのため、どちらも大きな期待をせず、受け入れ側はコツコツと、淡々と指導をして、異動者もそれを受け入れて、というのが当然でした。

しかし、今の派遣先では、異動辞令が年に1回です。
そのため、異動側も受け入れ側も、変に期待していて、その期待と現実にミスマッチが起きているように感じます。

もう、本当に声を大にして言いたいです。

ベテランだろうが新人だろうが、初めての事やってるんだから、
受け入れ側は根気よく教えてあげてください。
そして、異動者側は謙虚にこなしてください。

営業職だとしても、異動先では戦略が違うかもしれない。
お客さんの性質や、地域の特性も、全然違うかもしれない。

北海道と沖縄では、売れるものが違うし、
成城と秦野では、お客さんの資金の性質や規模が違います。

そのあたりは、謙虚に受け入れる姿勢がないと、身に付きません。

「異動者が使えない」のではなく、
「異動者を育てられない」「異動者側が謙虚じゃない」というのが、
ミスマッチの原因かな~と思いました。

ムーでした。

人間関係

☆★☆ランキングに参加しています☆★☆

応援よろしくお願いします。励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ にほんブログ村 子育てブログへ

moomoo2015をフォローする
スポンサーリンク
大好きなおうちでシンプルに暮らす

コメント

タイトルとURLをコピーしました