全員に余裕がない職場って、やばくない?

仕事が忙しすぎて、毎日ヘトヘトです。

なんでこんなに忙しいの??
毎日、疲れが取れないまま明日がくる。
ストレスで、まじで会社に行きたくない。

それでも行くし、働くんだけどさ・・・。

どうも、社畜まっしぐらのムーです。

というか、チーム全員が余裕がなさすぎる状態って、やばくない?

 

働きアリの「8:2の法則」

働きアリは、全体の8割は一生懸命働き、残りの2割はサボるという習性があります。
サボりアリを群れから離しても、残りの8割の中から、またサボり組が2割現れます。

私は、この話を聞いて、「サボるやつがいるなんて許せん」と思っていました。

でも、実はこの法則は、組織の存続には必要な習性だそうです。

組織の存続には「余力」が必要

常にチームの全員が100%の力で業務を遂行していると、トラブルや繁忙の時に対処できません。
サボり要員は、この時こそ存在意義を発揮するのです。

ここぞという時に、サボりアリが働くのです。

とは言え、理想は各々が「8:2」を持っていること

「2」のサボり要員(余力)が必要なのはわかりました。
でも、自分たちが一生懸命働いているときに、余力メンバーがこちらの忙しさも気にせず、
マイペースにやってたらイラっとしますよね~。

理想はね、全メンバーが優秀で、80%の力で仕事して、20%を温存し、
トラブルなど必要な時に100%で対応する。という形ですね。

理想を語るしかできませんが。
所詮、派遣社員なので。

今、余力がありません。

今のチーム、余力がまったくありません。
みんなが120%で働いてます。

これ、ヤバイんでないの??

だれかそのうち、つぶれる気がする。

 

何事にも余裕は必要

人間、余裕がないとおかしくなりますね。

人を気遣えないし、パフォーマンスは下がるし、体調もおかしくなるし、
なんでも人のせいにするし、イライラするし。

あ、これ全部、最近の私です。

あ~、やさぐれてるな~~~~~

はやくラクになりたい・・・。

 

この激務から、学んだこと。

私のここ数ヶ月の激務っぷりで、ますます「ブログで稼ぎたい」気持ちが固まりました。

ある意味、良い原動力になってます。
組織で働くのが、本当に嫌になりました。

2年間、必死で働いてきたけど、1円も給料上がらないんだもん。
必死で働けば働くほど、楽になんてならなくて、どんどんしんどくなるんだもん。

あと1年、今の職場で働けるので、あと1年は普通に働こうと思ってます。
もう、考えなくても的確に動けるので、
普通に働いても十分お役に立てると思ってますので。

派遣の私でもこんなにストレス抱えてるんだから、社員さんは相当だと思いますよ。

本当に、少しでもラクに仕事できるようになってほしい。

まとまりのない記事ですが、この辺で。

ヘトヘトムーでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
仕事

☆★☆ランキングに参加しています☆★☆

応援よろしくお願いします。励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へにほんブログ村 子育てブログへ

moomoo2015をフォローする
スポンサーリンク
大好きなおうちでシンプルに暮らす

コメント

タイトルとURLをコピーしました