スポンサーリンク

HSP 旅行

HSPは旅行が嫌い?原因と対策はこちら

HSPは疲れやすくて
旅行が苦手な方も多いと思います。

私はHSPですが、旅行は好きです!!

そして、夫は私よりも
もっともっと旅行が好きです。

この度、3泊4日で大分旅行へ
行ってきました。

旅日記はこちら
子連れ大分旅行 3泊4日旅行記トップページ

数々の旅行を経て実感したのが
HSPってほんとに疲れやすいので
旅行の時には準備や心構えが必要だなということ。

今回は、HSPである私が
旅行への対策や疲れへの対処を
どうしているかをご紹介します。

HSPが旅行で疲れてしまう理由

そもそもなぜ、HSPは旅行で
疲れてしまうのでしょうか。

・移動で疲れる
旅行中は、電車やバス、飛行機など
たくさんの乗り物に乗ります。

その乗り換えが
多ければ多いほど、
乗る時間が長ければ長いほど
疲れてしまいます。

次の乗り換え予定を考えて
頭が疲れたり、
乗り物で人と一緒の時間で
気力が消耗してしまいます。

また、子どもが一緒だと
移動中もずっと子どものことを
気にかけないといけないのも疲れてしまいます。

・一緒に行く人に気を使って疲れる
HSPは、例え親友でも、家族でも、
人といるだけで疲れてしまいます。

旅行中は1人になる時間もないので
疲れが取れないままなんですよね。

・刺激で疲れる
旅行中は、イレギュラーな事ばかり。
移動も観光も、全てが刺激になり
疲れてしまいます。

・不快な要素で疲れる
HSPは、「快適」の幅が
ものすごく狭いです。

人が多かったり、気温が暑かったり寒かったり
雨で濡れたりと、不快な状況が続くと
知らず知らずのうちに疲れが溜まります。

HSPが旅行を楽しむ為の心構え

・できれば平日に予定する
平日に旅行を予定することで
人混みをある程度避けられます。

・こじんまりとした宿を選ぶ
たくさんの部屋がある大きなホテルや旅館ですと
食事が宴会場だったりして落ち着かず、
お風呂なども人と一緒なので休まりません。

こじんまりとした宿ですと、
食事が部屋食であったり
お風呂が貸し切り状態であったりして
刺激を減らす事ができます。

・スケジュールに余裕を持たせる
乗り換えに時間がなかったり、
疲れた時に休める余裕がないと
HSPはキツイです。

乗り換えの時間に余裕を持たせたり、
疲れたらスケジュールを変更できるような
予定を組んでおきましょう。

・不安要素を消しておく
HSPは不安が強いです。

宿でどんなアメニティがあるのか
食事はどんなものが出るのか
足りないものはないか
不便な思いをしたりしないか

不安要素に1個1個向き合い
下調べや準備をしておくことで
不安を消しておきましょう。

準備できたら、
「これだけやったから大丈夫!
あとは何が起きても天に任せる!」と
不安を手放します。

・疲れのサインを知っておく
私の場合は文章が頭に入らなくなると
疲れたのサインです。

もっと疲れると、寝て起きてもずっとだるいなど
疲れが取れなかったり、寝つけなかったりします。

もっとひどくなると、昼であろうと
眠くて動けなくなります。

旅行中はアドレナリンが出て
疲れても動けてしまいますが、
普段から自分の状態を知っておいて
疲れのサインを見逃さないようにしましょう。

私は今回は、2日目の夜に寝つけなくなって
あら疲れてるわと思いました。

そんな時は、
潔くレイトチェックアウトを選んで
しっかり休みます。

・疲れを感じたら、早めに休む
HSPの「もうちょっと頑張れる」は
当てになりません(笑)

もうちょっと頑張れそうな時ほど
早めに休む必要があります。

・自分の回復方法を知っておく
疲れた時に、どんな方法で自分が
回復するか、知っていますか?

普段から自分と会話しておくことで
旅行中の回復方法もわかってきますよ。

ちなみに私の回復方法は
・お酒を飲む(疲れをマヒさせてるだけかも?)
・温泉に浸かる(プールでも可)
・自然に囲まれてのんびりする
・コーヒーを飲む
・寝る
です。

・旅行から帰ったら、休む予定を入れておく
旅行から帰ったら、1人でゆっくり休む予定を
入れましょう。

HSPは休むのが下手なので、
敢えて「休む」という予定を
しっかり入れる必要があります。

旅行の翌日は仕事や予定を入れず
しっかり休む予定を入れておきます。

HSPは疲れやすいが、感動もしやすい

HSPは疲れやすいので旅行が苦手な人も
多いと思いますが、
HSPの疲れやすさは、情報をキャッチする
アンテナの大きさと、感度の良さのせいです。

疲れやすい反面、感動もしやすいです。

旅先の人の温かさや景色などで
他の人の何倍もの感動を
味わうことができるはず。

旅行のツラい部分は対策で緩和して、
良い部分を受けて欲しいなと思います。

HSPの旅行にオススメの旅行グッズ


アイマスク
普段と違う場所で寝ると
寝つきにくくなりますよね。

アイマスクで寝る時の刺激を遮断すると
ゆっくり休めます。

耳栓
こちらもアイマスク同様、寝る時の情報を
遮断するのに役立ちます。

人混みで耳が疲れる時などにも。

コード付きだと、失くしにくいです。

足裏シート
歩き疲れた後に貼ると
とても良いです!

私は今回、旅館でいただいて
初めて使いましたが、
足がスッキリするだけでも
かなり疲れが取れました。

きんちゃく、マスク、足裏シート、足指広げるやつ

足指広げるやつ
こちらも旅館でもらったんですが
疲れが全然違います!!

私が愛用しているのはコレ
次回からは持っていきます。

土踏まずも刺激してくれます。


疲れが溜まると体調を崩しやすいので
ご自身に合った薬を持参しましょう。

私は目薬と頭痛薬が必須でした。

ストール
快適温度が狭いHSPは
気温の変化にも敏感です。

快適でいられるよう、体温調節をする
ストールがあると安心です。

これ可愛いなぁ

・チョコなど好きなお菓子
チョコなどの甘いものは、
ドーパミンが出るので疲れを癒すのに
効果的です。

私は普段はあまり甘いものは
たべませんが、旅行中はブラックチョコや
夏だったら溶けないようにマーブルチョコを
持ち歩きます。

さて。

数々の旅行をしてきた私が
HSPの自分と向き合い作り上げた
旅行対策をご紹介しました。

疲れやすさの原因や対処を知る前は
毎回、旅行の不満やモヤモヤが残り
夫とケンカもしてきました。

自分と向き合い続け、
夫の旅行の計画と、私の対処法を
擦り合わせてきました。

そして今回、HSPの旅行対策が
出来上がりました。

今回の旅行は、本当に楽しかったです。

疲れがまだ取りきれていませんが
夫の協力もあり、休ませてもらっています。

どなたかの参考になると
嬉しいです。

旅日記はこちらから
子連れ大分旅行 3泊4日旅行記トップページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-HSP, 旅行

© 2021 大好きなおうちでシンプルに暮らす