毒親育ちでHSP。「自分らしさ」を思い出し、「生きづらさ」を「ラクちん」に。

大好きなおうちでシンプルに暮らす

スポンサーリンク

断捨離したもの らく家事 バスルーム 掃除・整理

お風呂のふたは、いらない。

投稿日:2016年7月18日 更新日:

先日、お風呂のふたを断捨離しました。
断捨離した理由は、洗うのが面倒だったから。

週に一回、私がお風呂のフタや、バスルーム全体を洗っているのですが、これがなかなか重労働。
お風呂のフタだけでもせめてなくなったらラクになるのにな〜と思ったのです。

我が家のお風呂は、サーモスの湯船ですので、保温力は高め。
でも、私と娘が入ったあと、主人が入るのは3〜4時間後。

さすがに追い炊きします。
結局追い炊きするなら、フタがあってもなくても一緒じゃないか?

そもそも、一体なんの為に、お風呂のフタってあるのだろう?

風呂フタを断捨離した結果

・フタを洗わなくて良くなったので、週末のバスルーム掃除がラクになりました。

当たり前ですが、洗うものがないとラクです。

そしてもう一個、嬉しい効果が!!

・主人が帰ってすぐにお風呂に入ってくれるようになり、追い炊きはほんのわずかになった。

これはありがたい。
お湯がぬるくなる前に入ってくれるので、ガス代も節約できます!

「お風呂にはフタをするものだ」という常識を疑ってみると、意外にラク家事のヒントが転がっているかもしれません。

ものは少なく、家事も楽チン。

まとめ記事

こちらも併せてどうぞ。

今まで手放してきたものをまとめてみました。
手放すほどに、シンプルに、ラクになる。
ぜひご一読ください。

まとめ
〇〇は、いらない。まとめ

今まで手放してきたものをまとめてみました。 手放すほどに、シンプルに、ラクになる。 目次卵焼き器は、いらない。ラグやマットは、いらない。お風呂のふたは、 ...

続きを見る

ムーでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-断捨離したもの, らく家事, バスルーム, 掃除・整理

Copyright© 大好きなおうちでシンプルに暮らす , 2019 All Rights Reserved.