毒親育ちでHSP。「自分らしさ」を思い出し、「生きづらさ」を「ラクちん」に。

大好きなおうちでシンプルに暮らす

スポンサーリンク

ワーママライフ

旦那が出張。完全ワンオペで2日過ごしてみた結果。

投稿日:

昨日、一昨日と、夫が出張で不在でした。

私と出会ってから、出張なんてなかったのに、今年度から業務担当などで、色々変わっているようです。
相変わらず帰る時間は早め(19時)なので、助かっています。

で、初めての夫がいないワンオペ育児を経験しました。

いつも夫がやってくれていることを、全部自分ひとり+3歳児がやるので、事前準備はしておきます。

前もってやっておいたこと

事前にできることはやっておきます。わかっているだけありがたい。

夜ご飯は「オーブンでチン」だけ

夜ご飯は、前もって買っておいた冷凍ピザ。
私も忘れていたので、生活クラブではなく市販のものです。

お風呂に入っている間に、ピザの周りにウインナーも乗っけて焼いておきました。

あと、常備菜を出して、セブンで買ってきた、からあげ棒も食べました。
私はワインも飲みまくりました(笑)

あれ、楽しいかも??

自分のお弁当2日分をあらかじめ準備

夫が出かける日の朝に、私のお弁当2日分も詰めておきました。

週末に作った常備菜を詰めてるだけなので、いつ詰めても一緒なので。
あまりにしょぼすぎて写真は撮ってません(^^;)

会社の社食は美味しくないし、コンビニや外食も面倒なので、
常備菜でじゅうぶんです。

私のお昼休みは、ブログ執筆のためだけにある!

紙皿・紙コップ多用

ここぞとばかりに、全部捨てられる食器を使いました。
100均で買ったお皿やお箸が大活躍です。

可愛いお皿に、娘も喜んでました^^

片付けがないって、ちょ~~~~ラク!!!

毎日これで良いんでないの??

 

夫がいないことでのメリット

いつも家事や育児を担ってくれる協力者・夫がいないと困ることもありましたが、
メリットもありました。

娘が頼もしい

娘に、「おとうちゃん出張でいないから、手伝ってね!」と言うと、
配膳も、片づけも、洗濯も、手伝ってくれました!!

3歳ともなると、洗濯ピンチに洗濯物を挟めます。
すんごく助かりました。

少し前は、洗濯ピンチはできなかったので、タオルをタオル干しにかけたりしてくれていました。

人目がないのは気楽

夫がいないと、好きなタイミングで好きなお酒を飲めるので(笑)、
そして何時になにをしていてもなにも言われないので、気が楽でした~!!!

誤解を招くといけないので書いておきますが、別に夫は私がなにをしてても、
口を出さないのですが。
妻としてなのか、毒親育ちだからか、HSPだからか??
夫の意向が気になってしまうのです。

これはもう、気質なので。
気になるものは気になるので・・・。。

気にしなくていい日がたまにあるのは、楽だな~と思いました。

ベッドが広々使える

いつもは、シングル2台をくっつけて寝ています。

夫と私の間に娘が寝ますが、娘は「おとうちゃんがいないから、おとうちゃんのお布団で寝る!」と息巻いていました。

おかげで、いつもは私にべったりの娘ですが、夫のお布団でひとりで寝てくれました。。
ベッドを広々使えて、幸せでした~!!!

結論:世の中のワンオペママはマジですごい

我が家は今まで、夫は決まった時間に帰ってくるし、休日出勤などもなく、ワンオペとは程遠い生活でした。

でも、保育園ママの中には、平日はパパが出張や、遅い帰宅で、全然育児も家事も協力できない、というママもいます。

うちの夫は、普段から育児も家事も協力的(私がしつこく言うからかもですが)なので、本当に助かってますが、
ワンオペのママもたくさんいる状況で、それをこなしているママは本当にすごいと思います。

この、核家族化・税金が上がっていく・女性が社会で活躍する日本で、ママ業を一人でやるって、すごいことです。

世の中のママが、少しでもラクになればな~と、願っています。

取り留めもないですが。

本当に、楽できるところは手抜きして、頑張って生きていきましょう!!

ムーでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ワーママライフ

Copyright© 大好きなおうちでシンプルに暮らす , 2019 All Rights Reserved.