スポンサーリンク

自分らしく生きる 毒親克服

自分の親が毒親だと認めることは、エネルギーがいるよね

毒親克服しようとする時に
いっちばん最初にぶつかる壁って、

「自分の親が毒親だと
認める事は、エネルギーがいる」

という壁だと思う。

 

毒親育ちの方って、
そもそも自己肯定感が低い。
自己信頼感が低いじゃん?

自己肯定感とか、自己信頼感ってどういう事かというと、
「ありのままの自分で大丈夫」
「私はここにいていい」
「何があっても、私は大丈夫」

って事だと思うのね。

 

でさ、毒親育ちって、
「普通になりたい」って気持ちが
強いんじゃないかと思うの。

 

(厳密に言えば、
普通になりたいんじゃなくて、
「普通の人みたいに自己受容して生きたい」
みたいな感じかと思う)

 

だからさ、
普通じゃない親の存在
普通じゃない家庭で育ったこと
普通じゃない親に育てられた自分

を受け入れるのが、
めちゃくちゃしんどいんじゃ
ないかなって思う。

私もそうだったけど、
毒親に気づいた時って、
「親 嫌い」というキーワードで
ググろうとした時、

ものすごく恐ろしかったし、
自分の中ではタブーだったから、
悪いことしてる気分になったよ。

 

それをやってしまうと、
自分の親を全否定することになる。

親を全否定したら、
その親から生まれた自分なんて、
生きてる価値ないんじゃないか。

 

今思うと、
あの頃の恐怖の裏には
そんな思い込みがあったんかなぁって
思います。

 

そう、

そんなのはただの
思い込みでした。

 

親がクソでも大丈夫。

私と親は、別の人間。

クソな親から生まれた私でも、
こんなに人生楽しんで生きていいんだ。

私は、ただひたすら
自分を知って、自分を受容して、
好きな事をできるように
頑張っただけなのに、
誰かの役に立っている。

 

自分の親が毒親だと
受け入れるのは、確かに
とてつもないエネルギーがいるよ。

 

でも、ビビリながら、
怖がりながら受け入れていくと、

その先はめちゃめちゃ明るくて
優しくて、ゆるくてあたたかく、
親もまた、一生懸命生きてたんだね。
って理解できる世界があったよ。

 

なんでもそうだけど、
人生を進めたり、
精神的な成長をする時って、
こういう「怖い」ことを
恐れずやる勇気が必要
だなと思います。

 

 

毒親克服カウンセリングは、
準備が整い次第、
募集開始いたします。

 

(LP(募集ページ)捨てちゃったから、ゼロから作り直しなんだよ…。)

 

募集開始する時には、
LINEがいちばん早く確実に
お知らせがいくので、
どうぞご登録くださいね~(^_^)

公式LINEはこちら

メルマガはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-自分らしく生きる, 毒親克服

© 2021 大好きなおうちでシンプルに暮らす