毒親育ちでHSP。「自分らしさ」を思い出し、「生きづらさ」を「ラクちん」に。

大好きなおうちでシンプルに暮らす

スポンサーリンク

HSP 育児

HSC【繊細すぎる子供】うちの娘の特徴と対策

投稿日:2019年2月11日 更新日:

私はHSPです。

そして、娘もおそらく、繊細で敏感な感覚を持ったこども「HSC」です。

我が子のHSCエピソード

3歳の私の娘も、敏感で繊細な感覚を持っています。

HSCのせいだけではないかもしれませんが、すごく育てにくかった部分もありました。
エピソード、たくさんあります!!

生後すぐ「すごくよく泣く・寝ない」

赤ちゃんは泣くものなんですが、本当にすごくよく泣いていました。

授乳中と寝ている時以外、ずーっと泣いていました。
しかも、新生児泣きではなく、まるで幼児のように大きな声で泣いていました。
本当につらかった~!

よく見る赤ちゃんのように、ぽ~っと寝転んでいることなんてなかったですから。
ずーっと、怪獣泣きでした(^^;)

今思うと、「不安感が強い」というHSPの特徴だったのかなと思います。

3か月くらいすると、この世に慣れたのか、泣くことが少なくなりました。

音に敏感

大きな音が苦手です。

保育園で、楽器の演奏をするときに、「音がうるさい」と泣いたそうです。

カラオケに行った時も、「うるさい」と言っていました。

目の前を電車が通るのも苦手で、電車のホームではしがみついてきます。

耳がいいので、音楽が好きですし、人の会話もとてもよく聞いています。

環境の変化によく気づく

保育園や公園に行っている間に自宅の様子が変わっていると、よく気づきます。
ものが増えていることにはもちろん、なくなっていることにも気づきます。

人の顔色もよく読んでいて、私がイライラしていると「笑って?」と言ってきます。

人がたくさんいると緊張する

保育参観などでたくさんの保護者がいる教室だと、しばらく固まって動けません。
先日の保育参加でも、参加時間が半分すぎたころにやっと私から離れられました(^^;)

ホテルの朝食会場なども苦手で、しばらく慣れるまでは食事ができません。
空いているところだと平気なようです。

よく慣れていない人に対して緊張する

保育士さんの中でも、よく慣れた先生だったら大丈夫ですが、
あまり接していない先生には触れられるのを嫌がっていました。

他のママさんに対しても同様で、よく一緒に帰るママにはよくしゃべりますが、
あまり接していないママに声をかけられると緊張して固まります。

 

HSPは遺伝するのか?

医学的にはわかりませんが、私はある程度は遺伝すると思います。

私の父もHSPです。
長兄もHSPです。

そして、私の子供も。
おそらく、兄の子供2人もそうではないかと感じます。

HSCと、どう向き合えばいいのか

HSCは、「人と同じくできない」ことが多いです。
本当に保育園で見ていて思いますが、
とにかく人前だと固まるので、保育園行事はなにもできません。

泣いてるか、固まってるかです。

練習や、普段の保育園生活は、問題なく過ごしています。

それを責めないことがいちばん大事です。
「なんで他の子と同じくできないの」と思わないこと。

人と違っても大丈夫、と安心できる環境が、HSCにとっても、お母さんにとっても
とても大事です。

その分、人をよく観察しているので、周りの大きなお友達をどんどん真似して
他のお友達よりも早い時期から服を着替えるようになったり、上着のチャックを締められるようになったりしました。

そんな様子をみて、保育園の先生方は、「ちびムーちゃんは本当に保育園に通ってよかった子」と言ってくれます。

娘の敏感な様子にも、「これがちびムーちゃんだからね~」と、受け入れてくれています。
運動会も、踊れなくても、「泣かなかっただけすごいよ~」
お遊戯会も、「立ってただけすごいよ~」と、気にしないでくれます。

とってもあたたかく見てくれているので、安心します。

しかし、小学校に入ったら、色んな先生がいるからちょっと心配ではあります。
気の合う先生が担任だったら良いけど・・・。

HSPは「左利き」のようなもの

HSPを捉えるのに良い言葉だな~と思ったのが、
「左利きと右利きの違いのようなもの」という解説です

左利きは少数派ですが、病気や障害ではありません。

世の中の大多数が右利きなので、左利きの人は生活しづらいです。
はさみも、カッターも、右利きが前提で作られていますし、
改札口も、右利き用にできています。

 

左利きの子供を矯正しようとしたら、その子は「どもり」が出るようになった、という話を聞いたことがあります。
矯正をやめたら、どもりがなくなったそうです。

無理に矯正しないほうが、その子らしくのびのびと過ごせるのです。

HSCを「治そうとしないで」

HSCは病気や障害ではなく特性です。

治そうとして治るものではありません。

抑圧して、ある程度その特徴を「押し込める」ことはできるかもしれませんが、
その子の人生に悪い影響を与える可能性が高いです。

それよりも、その子の特徴を本人も周りも受け入れて、
安心した環境の中で育ててあげるほうが良いです。

HSPが生きやすい世の中になるのか

HSPが生きやすい社会になるのは、まだまだ時間がかかるでしょう。

学校も会社も、非HSP向けに作られたものが多いですから。
そのシステムを変えるのは、難しいです。

だからこそ、HSP・HSC本人と養育者が、その特徴を受け止め、
刺激から自分を守る方法を身に着けることが大切です。

HSP・HSCは、少数派ではありますが、素敵な才能もたくさん持っています。

HSCを持つ親御さんへ。

ご自身がHSPだったら、その生きづらさが共感できるでしょうし、
ご自身が非HSPであれば、育て方に悩むでしょう。

私もそうです。

でも、大丈夫。
あなたのお子さんは、あなたをお母さんに選んだんだから。
絶対、幸せになります。

HSCの子供は、とても気持ちが優しい子ですよ。
「良心的である」という特徴を併せ持ちます。
「共感力が高い」です。

うちの子、保育園の男の子に人気なのですが、
「ちびムーちゃんは優しいから好き」だそうです(笑)
人と争うことを嫌いますので、譲ることが多いのでしょう。

HSCを持つママ、一緒に頑張りましょう。

まとめ記事

HSPって、5人に1人しかいません。あなたもそうですか?
ぜひ、気持ちや経験を共有させてください。
こちらに私のHSPとしての情報をまとめました。

まとめ
HSPに関するまとめ

私はHSPです。 なんでこんなに敏感で傷つきやすいのだろう。 どうしてこんなに生きていくのが辛いんだろう。 いつも、ずっと、そう思って生きてきました。 ...

続きを見る

ムーでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-HSP, 育児
-,

Copyright© 大好きなおうちでシンプルに暮らす , 2019 All Rights Reserved.