【願望達成のメカニズム】10階まで階段で登れるようになった話

本日も、ご訪問ありがとうございます。

この度、職場のオフィス10階まで、毎朝階段で登れるようになりました!!

運動大嫌い、小デブの私がだよ。

10階まで階段登れるようになった【願望達成のメカニズム】を書き出してみるよ。

1.明確な目標を立てる
2.目標を達成するための方法論を、思いつく限り挙げる
3.目標をすでにかなえている人に会う
4.「必ずできる」と信じる。
5.あきらめないで継続する

以上!!

10階まで登ろうと思ったきっかけは、「防災」です。

今年半ばから、防災にハマりました。

シンプルライフでも、震災に備えて備蓄をはじめました(1)
先ほど、千葉で大きな地震がありましたね。 お住まいの方、大丈夫でしたでしょうか。 かくいう我が家も、千葉県なので、結構揺れました。 震度4とのことです。 携帯もテレビも、マンションの警報機もなりまくりビビりました。 特に被害も...
シンプルライフでも、震災に備えて備蓄をはじめました(2)
昨日に引き続き、防災の記事です。 夫が娘を公園に連れて行ってくれている隙に書きます!! 昨日の記事です。 過去の震災では、ライフラインの復旧に 電気 3日 水道 2週間 ガス 1ヶ月 かかっているそうです。 ...

というのも・・・
我が家は、マンションの6階です。
震災などの時に、エレベーターが止まったら、子供を連れて階段登らなきゃいけない・・・。

んー、登れるのか?
と思い、試しに子供を抱っこして、階段登ってみたんです。

そしたらね、3階までしか登れなかった!!!

もしもの時に、子供連れて家に帰れないって、致命的!!
子供が自分で6階まで登ってくれるのが理想だけど、急いでいたら・・・
いや、そもそもうちの子(3歳直前)、階段6階まで登れないだろ・・・

せめて、6階まで子供を連れて登れるようにしよう!!
と一念発起。

職場は10階。
職場に、派遣のおじいちゃん(推定60代後半)がいるのですが、
(超ベテランの専門職のおじいちゃんです)
毎日10階まで階段登って、
毎日階段で降りて帰るんですよ!!
すごいでしょ!?

しかも、昼食(外食)も上り下りしているので、1日2往復!!

「おじいちゃんができるんだから、私もできるはず」と思い、10階まで登れるようになろう!
と、目標に向かい始めました。

最初はね、5階までしか登れなかった。
本当~~~にしんどくて、足はよろよろ、呼吸はゼーゼー。
5階から10階まで、エレベーターに乗る日々(笑)

5階まで登るのを、1~2週間続けて、「行けそう」と思ったら、6階まで上がってみる。
6階まで登るのを、1~2週間続けて・・・を繰り返したら、
いつの間にか9階まで行けた。
9階まで行けたら、あと1階くらい登れる!!!

3か月くらいで10階まで登れていました。

最初は本当につらくても、いつか登れるようになるんですよ。
こういう成功体験って、本当に大事で、一個成功すると、10も20も、願いが叶うようになる。
自信がつくんですね。

以下が、具体的な事例です。

1.明確な目標を立てる
→10階まで階段で登る 2.目標を達成するための方法論を、思いつく限り挙げる
→とりあえず登れるところまでがんばって、楽に登れるようになったら1階増やそう。

3.目標をすでにかなえている人に会う
職場のおじいちゃんが、毎日登ってる。

4.「必ずできる」と信じる。
→おじいちゃんができるんだから、私にもできる。

5.あきらめないで継続する
どうせ10階の職場まで行かないといけないから、続く。

10階まで登れるようになったところで、子供をおんぶしてマンションの階段登ってみました。

そしたら、超らくちんに登れました!!
当初の目的を達成しました~!!!

今も、階段は登り続けています。
今の職場で働く限りは、登り続けようと思います^^

10階までのぼれるようになって得た、思わぬメリット

・体力に自信がついた
遊んでいても、仕事していても、以前はすぐにバテていたけど、
体力が続くようになりました。
信号が赤に変わりそうでも、迷いなく走って渡れます!
駅で、混んでいるエスカレーターよりも、空いている階段をスイスイ登れるようになりました!!

・おしりがキュッと上がった
産後の垂れ下がったおしりが、心なしかキュッと上がりました。
これは本当にうれしい!!

・カラオケで、楽に歌えるようになった
先日カラオケに行きましたが、歌うのが楽で、しかも気持ちいい^^
肺機能が上がった気がします。

こんな感じで、目標を一個達成しました^^

同じ方法で、ブロガーとしての起業も、絶対かなえるんだ‼!
でも、3の、「目標を叶えている人に実際会う」が、どうしたらできるかわかりません・・・

これも、方法論をできるだけ挙げて考えます。
時には勇気や強引さも必要かな・・・。

以上、ムーでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました